SUV(クロスカントリー)タイプの特徴

SUVタイプの車種の人気は年々高まっています。

 
             
af9920073414mクロスカントリー、オフロード車とも言われるように、悪路走行にめっぽう強いことが理由のひとつです。舗装されていない山道であっても、ショックをしっかりと吸収しますので、乗り心地が悪くなりません。また、タイヤが大きいために、砂道や雪深い道でもスタックすることが少なくなります。したがって、雪国に住むユーザーが多くなっています。そして、ボディが頑丈であるために、万が一の際にも搭乗者のリスクが少なくなります。当然、中身も頑丈であるために、車全体の耐久性が高く、他の車種よりも多くの距離を走ることができます。中古車市場においても、走行距離が多い割りに価格が高いのはこのためです。逆にデメリットとしては、まずは燃費です。車体が大きく、重量がある分、燃費は良くありません。ただ、最近ではクリーンディーゼルモデルやハイブリッドモデルも存在しますので、改善の傾向はあります。あとはやはり維持費が高く付きます。タイヤやオイルと言った消耗品も、この車種においては高めです。税金ももちろん高くなります。あとは加速性能です。これも重い分、やはり劣ってしまいます。走りを追求するのなら、ターボモデルにすべきでしょう。

Comments are closed.