ミニバン(ワンボックス)タイプの特徴

ミニバン(ワンボックス)タイプの特徴は、室内空間の広さと収容量です。
箱型のボディーを採用する事で、室内を出来るだけ広くするようにしており、居住性や快適性の向上に貢献しています。
それにより、背の高い車種が多いという特徴もあります。
                                                                                     

多人数で乗る事が出来る特徴から、3列シートを採用している場合が多く、2・3列目を3人がけのベンチシートとした8人乗り、2列目をキャプテンシート、3列目を3人がけベンチシートとした7人乗り等のシート配置があるだけでなく、多彩なシートアレンジ等の高いユーティリティを持ち合わせています。af9920062603w
また、3列目を使用しない場合は、巨大なラゲッジスペースとなるメリットもあります。
他にも、スライド式のドアにより、乗車口が広く乗り降りがしやすい、他の車種と比べて着座位置が高くなっている事から、運転をしていても遠くの人の動きが見えやすく、事前に危険を回避しやすい為、運転がしやすい特徴もあります。
車内で快適に過ごす事が重要視されるようになった事により、内装等が上質に仕上げられている点やカスタマイズしやすい所も魅力の1つです。
室内の広さ等の実用性の高さ、多人数で乗れる等の理由により普及し、若者やファミリー層を中心に人気がある車種です。

Comments are closed.