小・中型車のメリット・デメリット

車を購入することになり、特に欲しい車種が決まっていない場合に迷うものに車の大きさがあります。車を小・中型車と大型車に分けた場合、小型車と中型車には次のようなメリットとデメリットがあります。
                                             

メリットとして挙げられるのは、大型車に比べて価格が安いという点です。一部例外もあり車のグレードによってもあてはまらない場合がありますが、一般的に車の大きさが小さくなるほど安く購入することが出来るので車購入の予算が少なくても購入が可能です。さらに、車に関係する税金や保険料、駐車料金なども安く済みますし、小回りがきくので狭いところでも運転がしやすく、自宅に広い駐車スペースが確保出来ない場合でも駐車場の心配がいりません。
                                                  

反対にデメリットとしては車内が狭くゆったり乗ることが出来ないという点や、あまり多くの荷物を積むことが出来ない、万が一の事故の場合に大型車よりもダメージが大きいことが多いといった点を挙げることが出来ます。
                                                                              

このように車の大きさによってそれぞれ違った特徴があり、車購入にかけることが出来る予算や家族構成やライフスタイル、周辺環境などによって、自分にとって向いている車のサイズがどの大きさなのかが変わって来ます。

Comments are closed.