コンパクトカータイプの特徴

コンパクトカーは排気量が1000~1500cc程度の車であり、軽自動車と普通車の中間となる車種です。af9940071915l
軽自動車同様に購入費用が安く、小型であるため小回りが利く、燃費が良くガソリン代の節約になる、各種消耗品の費用が安く抑えられるというメリットがあります。税金面では軽自動車よりは高くなりますが、それ以外の維持費はほぼ同等です。また、軽自動車と異なり5人乗りができるという大きな違いがあり、これを理由に選ぶ人もいます。軽自動車よりも安定性があり、強度も高くなるため安全性が高いです。
普通車と比べた場合、車種によっては室内空間が狭く、荷物もあまり積めない、乗り心地が良くない、長時間の高速道路の運転に不向きといったデメリットがあります。個人の好みにもよりますが、デザインに個性がなく、面白味がないという評価も多いです。しかし、室内空間の広い車種も多く、また、これらは長距離移動をしなかったり、とにかく乗れればそれでいいという人にとってはそれほど問題にはなりません。普通車よりは車体が小さい分だけ衝突時の安全性は低くなります。しかし、小型であるためすぐに停止できるので、衝突の回避性は高くなります。
このような特徴があるため、長距離移動をしない日常的な移動手段として使用する場合に適しています。

Comments are closed.