Archive for the ‘未分類’ Category

スポーツ(クーペ)タイプの特徴

街行く車が2BOXタイプのコンパクトエコカーか1BOXタイプのミニバンばかりになった昨今、てっきり見かけなくなったのが2ドアのスポーツクーペです。

クーペとは2ドア車の総称的な使われ方をしてきました。
2000年代に入り、某ドイツの高級車メーカが、この言葉を単なる三人称として4ドアにも使いだしたため、昨今では言葉の定義もあいまい化しているという見方もあるようです。
基本的には、運動能力を優先させた車のことで、前後の車重バランスを極力優先させた造りとなっているのは特徴です。 

それを追求するためには車内スペースは最小限に抑えます。
またミッドシップやRRリアエンジン後輪駆動に代表されるレーシングカーともなりえる車では、当然ながら後部座席の空間をエンジンに取られますから、運動能力を高めれば4ドアはありえないということになります。

また空気抵抗を減らすことも運動能力向上に役立ちますが、極めれば車高が低くなり、その分ドア面積も高さ方向が稼げませんから、結果的に横に広げる、そうすると4枚のドアは難しいということです。

なので基本的にこのドイツメーカ以外は4ドアにこの言葉は使っていません。
唯一例外は国産のロータリー車メーカで、既に絶版にはなりましたが、一部の車の補助的に後方ドアを採用していたものもありました。

いずれにしても運動能力の高さを持って走る楽しさを体感する車だということです。
90年代までは国産各社からリリースされていました。 

当時は280馬力戦争といわれ、これが国産各社の技術水準の向上と発展に大きく貢献したことは間違いありません。

セダンタイプの特徴

私たちの生活の足として欠かすことのできない自動車。
ビジネス・プライベートを問わず、現代人の多くがその恩恵を享受しており、通勤や買い物、趣味などと幅広い用途で便利に用いられています。

そんな自動車ではありますが、様々車種が存在し、それぞれに特徴があります。
現代人は考え方やライフスタイルが多様化しているので、自分の目的やライフスタイルに合わせて自動車を選ぶのが、快適な自動車ライフを送るための賢い方法と言えます。

今回は数多くある車種の中でも最もベーシックなタイプであるセダンについて解説をします。

最も基本的な形をしているこの車種は、エンジンルーム・人の座るスペース・ラゲッジスペースと3つの空間で構成され、別名を3BOXともいいます。
殆どが4枚のドアで構成されており、ゆったりとした車内スペースが特徴です。乗る人の快適性を重視したものが多く、長時間のドライブなどにも向いていると言えるでしょう。
走行性能や安定性、安全性など多くの面でバランスが良く、ボディもシンプルなため、年齢・性別を問わず運転がしやすく、多くの人に似あう自動車であるとも言えます。

自動車は種類や形状によってそれぞれ異なった特徴を持ちます。
多くの情報を得て、自分に合ったものを選びたいですね。

軽自動車タイプの特徴

私たちの日常生活を便利にしてくれる自動車。
通勤や通学、レジャーに買い物など、私たちの生活に密接に関連し、便利な足となっています。

自動車は各メーカーから様々なタイプや大きさ、排気量のものが販売されており、私たちは自分のライフスタイルや目的、用途に合わせて自動車を選んでいます。
自分にピタリと合った自動車を選ぶためには、種類や違いについて知識を持つ必要があります。

今回は、軽自動車の特徴やメリットについて解説をします。
このタイプの自動車の特徴、メリットは多々ありますが、まず維持費の安さが挙げられます。

自動車には毎年かかる自動車税をはじめ、重量税などの多くの費用が掛かります。
普通車に比較すると、軽タイプはこれらの税金が安く、燃費も比較的良いため、維持費用が安く済むのです。

また、本体が小さいため、小回りが利き乗り回しが楽、という特徴があります。
細かい道や細い道の多い市街地などで、その利点を存分に体感することができるでしょう。

また、運転が不慣れな人でも比較的楽に運転ができるという点も見逃せません。

一昔前と異なり、近年では車内スペースが広くなっているものや、ターボのついたパワフルなものもあり、選択肢が多くなっています。

多くの情報を取得して、自分に合ったものを選びたいですね。

コンパクトカータイプの特徴

コンパクトカーは排気量が1000~1500cc程度の車であり、軽自動車と普通車の中間となる車種です。af9940071915l
軽自動車同様に購入費用が安く、小型であるため小回りが利く、燃費が良くガソリン代の節約になる、各種消耗品の費用が安く抑えられるというメリットがあります。税金面では軽自動車よりは高くなりますが、それ以外の維持費はほぼ同等です。また、軽自動車と異なり5人乗りができるという大きな違いがあり、これを理由に選ぶ人もいます。軽自動車よりも安定性があり、強度も高くなるため安全性が高いです。
普通車と比べた場合、車種によっては室内空間が狭く、荷物もあまり積めない、乗り心地が良くない、長時間の高速道路の運転に不向きといったデメリットがあります。個人の好みにもよりますが、デザインに個性がなく、面白味がないという評価も多いです。しかし、室内空間の広い車種も多く、また、これらは長距離移動をしなかったり、とにかく乗れればそれでいいという人にとってはそれほど問題にはなりません。普通車よりは車体が小さい分だけ衝突時の安全性は低くなります。しかし、小型であるためすぐに停止できるので、衝突の回避性は高くなります。
このような特徴があるため、長距離移動をしない日常的な移動手段として使用する場合に適しています。

小・中型車のメリット・デメリット

車を購入することになり、特に欲しい車種が決まっていない場合に迷うものに車の大きさがあります。車を小・中型車と大型車に分けた場合、小型車と中型車には次のようなメリットとデメリットがあります。
                                             

メリットとして挙げられるのは、大型車に比べて価格が安いという点です。一部例外もあり車のグレードによってもあてはまらない場合がありますが、一般的に車の大きさが小さくなるほど安く購入することが出来るので車購入の予算が少なくても購入が可能です。さらに、車に関係する税金や保険料、駐車料金なども安く済みますし、小回りがきくので狭いところでも運転がしやすく、自宅に広い駐車スペースが確保出来ない場合でも駐車場の心配がいりません。
                                                  

反対にデメリットとしては車内が狭くゆったり乗ることが出来ないという点や、あまり多くの荷物を積むことが出来ない、万が一の事故の場合に大型車よりもダメージが大きいことが多いといった点を挙げることが出来ます。
                                                                              

このように車の大きさによってそれぞれ違った特徴があり、車購入にかけることが出来る予算や家族構成やライフスタイル、周辺環境などによって、自分にとって向いている車のサイズがどの大きさなのかが変わって来ます。

ステーションワゴンタイプの特徴

私たちの生活にとって欠かすことのできないものと言っても過言ではない自動車。
現代人の殆どが運転免許証を取得していますし、日常生活の様々な場面において、私たちはその恩恵を受けています。
通勤や通学、趣味に買い物、レジャーなど、あらゆる場面で足として活躍をしています。

自動車には様々な形状・種類があり、各々が目的やライフスタイルに合わせて自動車を選んでいます。
自分に合った自動車に乗るためには、自動車の種類やその特徴を把握しておくことが重要だと言えます。

そこで自動車の種類の中でポピュラーなものの一つであるステーションワゴンについて解説をします。
この自動車はセダンの派生タイプのボディ構造となっており、セダンの後方にラゲッジスペースを設けて引き延ばしたような形状をしています。
後部座席とラゲッジスペースが一続きとなっているのが特徴的で、大きな荷物を運ぶのに適していると言えます。
セダンのような走行性能に加えて荷物を多く積むことができるので、実用性が高くなっています。gf1420277862l
スポーティーなデザインのものも多く、アウトドアなどにも適していると言えるでしょう。

一口に自動車と言っても種類によって、それぞれ特徴は異なります。
正しい知識を持って、自分に合ったものを選びたいですよね。

SUV(クロスカントリー)タイプの特徴

SUVタイプの車種の人気は年々高まっています。

 
             
af9920073414mクロスカントリー、オフロード車とも言われるように、悪路走行にめっぽう強いことが理由のひとつです。舗装されていない山道であっても、ショックをしっかりと吸収しますので、乗り心地が悪くなりません。また、タイヤが大きいために、砂道や雪深い道でもスタックすることが少なくなります。したがって、雪国に住むユーザーが多くなっています。そして、ボディが頑丈であるために、万が一の際にも搭乗者のリスクが少なくなります。当然、中身も頑丈であるために、車全体の耐久性が高く、他の車種よりも多くの距離を走ることができます。中古車市場においても、走行距離が多い割りに価格が高いのはこのためです。逆にデメリットとしては、まずは燃費です。車体が大きく、重量がある分、燃費は良くありません。ただ、最近ではクリーンディーゼルモデルやハイブリッドモデルも存在しますので、改善の傾向はあります。あとはやはり維持費が高く付きます。タイヤやオイルと言った消耗品も、この車種においては高めです。税金ももちろん高くなります。あとは加速性能です。これも重い分、やはり劣ってしまいます。走りを追求するのなら、ターボモデルにすべきでしょう。

ミニバン(ワンボックス)タイプの特徴

ミニバン(ワンボックス)タイプの特徴は、室内空間の広さと収容量です。
箱型のボディーを採用する事で、室内を出来るだけ広くするようにしており、居住性や快適性の向上に貢献しています。
それにより、背の高い車種が多いという特徴もあります。
                                                                                     

多人数で乗る事が出来る特徴から、3列シートを採用している場合が多く、2・3列目を3人がけのベンチシートとした8人乗り、2列目をキャプテンシート、3列目を3人がけベンチシートとした7人乗り等のシート配置があるだけでなく、多彩なシートアレンジ等の高いユーティリティを持ち合わせています。af9920062603w
また、3列目を使用しない場合は、巨大なラゲッジスペースとなるメリットもあります。
他にも、スライド式のドアにより、乗車口が広く乗り降りがしやすい、他の車種と比べて着座位置が高くなっている事から、運転をしていても遠くの人の動きが見えやすく、事前に危険を回避しやすい為、運転がしやすい特徴もあります。
車内で快適に過ごす事が重要視されるようになった事により、内装等が上質に仕上げられている点やカスタマイズしやすい所も魅力の1つです。
室内の広さ等の実用性の高さ、多人数で乗れる等の理由により普及し、若者やファミリー層を中心に人気がある車種です。

大型車のメリット・デメリット

車を購入する際に迷うのが車のボディサイズですが、大型車には次のようなメリットがあります。 
                                          まず、小型車に比べて車内が広いという点で、運転席や助手席はもちろん後部座席も広いのでゆったりと乗ることが出来るようになっていて、荷物もたくさん積むことが出来るようになっているという点です。ボディサイズが大きいことで万が一他の車から衝突されてしまったり、自分でどこかにぶつけてしまったりした場合でも、ダメージが小型車に比べて小さいという点も挙げることが出来ます。             
反対にデメリットとしては小型車に比べて維持費がかかるという点が挙げられ、購入時や毎年かかる税金だけでなく、保険料も高くなっています。また、自宅の庭が狭く駐車スペースを確保することが出来なかったり、駐車場を借りる場合も料金が高く設定されていることがある他、運転に自信が無い方の場合は狭い道路や敷地内での運転に苦労することもあります。
このようにメリットとデメリットの両方の面がありますが、どちらが自分にとって合っているかはライフスタイルや家族構成、好みなどによっても人それぞれ変わって来ますので、それぞれの特徴を理解してよく考えた上で決めるようにするのが上手な選び方と言えます。