車のボディタイプの種類と特徴

車のボディタイプには様々な種類があります。a0002_005111
セダン、1BOX、ステーションワゴン、コンパクト、SUV、軽、大きく分類するとこの様になります。
セダンの特徴としては4枚ドアでトランクがあり、高級なものから大衆なものまで幅広くラインナップがあります。
荷物を積む量としてはさほど多くありませんが、座席とトランクが分かれていますので、釣りをされる方などどうしても臭いのある物を積まなければならない方にもお勧めです。
次に1BOXですが、7~8人乗りのものがほとんどで、家族向けとなっています。荷物もたくさん積めますのでキャンプなどのアウトドアをされる方にもお勧めです。背が高いボディ形状ですので、都会などでは停める場所が限られてくるのが難点です。
荷物を積みたい。だけど大きいボディは嫌だ。という方にはステーションワゴンがお勧めです。
形状はセダンをベースにトランク部分を座席と繋げるようにして空間を取り、たくさん荷物を積める様になっています。
コンパクトは幅、長さともに小さく、小回りも効きますので女性の方や年配の方にお勧めです。軽だと小さすぎて不安だという方も少なからずいらっしゃいますので、そういう方にはぜひ乗っていただきたい種類です。
SUVはタイヤが大きく、座席の位置が高いので運転の心地というのは抜群に良いタイプです。4WDが多いので冬道や悪路にも強いです。山菜取りが趣味のご年配の方からサーフィンやスノーボードが好きな若者まで趣味で大活躍間違いなしのタイプとなっています。
最後に軽ですが、買い物や通勤などの街乗りにはもってこいですし、維持費もお得です。活動範囲がご近所の方などにお勧めです。